お中元を贈る時期やタイミング

お中元は親しい方やお世話になっている方に対して、感謝の気持ちと健康を願う気持ちを表すために贈り物を贈ることです。日本で昔から行われている風習なのですが、地域によって贈るのに適した時期が異なります。お中元をお渡しする方の地域を考慮して適切なタイミングで贈るようにしましょう。

お中元を贈る際のマナーや注意事項

女性

商品選びに注意する

お中元は相手に喜んでいただけるものを選ぶことが大切ですので、商品選びには十分な配慮が必要です。たとえばお酒を飲まない方に対してお酒を、一人暮らしなのに食べきれないほどのお菓子やグルメギフトを贈ると受け取った相手も困るでしょう。贈る相手の好みや家族構成などを配慮しながら、最適な品を選ぶようにしましょう。また好みや家族構成は変わることもありますので、その点も考慮して商品を選ぶようにします。

のしの書き方について

お中元を贈るときは水引きの紅白蝶結びの「のし」をつけてもらいます。最近は資源節約の観点から、簡易のしタイプも増えてきています。デパートやショッピングンセンターでお中元を依頼するときは、のしの書き方やつけ方についてスタッフの方に聞いてみると適切なアドバイスが受けられるでしょう。宅急便で送付するときは内のし、持参するときは外のしにしてもらうことが多いです。

贈るときのタイミング

お中元を贈る時期は地域によって異なりますので、その地域の習慣に従って適切なタイミングでお渡しするようにします。基本的には風呂敷に包んで持参するのがマナーですが、遠方で伺えない時は宅配便で送ります。持参するときは早朝や夜間、食事の時など忙しい時間帯は避けて、午前10時から11時、午後は14時から16時くらいに訪問するようにします。

貰って嬉しいおすすめの品物

お中元の定番商品といえば、ビールやそうめん、ゼリーや水羊羹などの冷たいお菓子です。夏の暑い時期に贈りますので、その時期に喜んで食べたり飲んだりしてもらえるからです。他にも産地直送の果物や、欲しい商品を選んでもらえるカタログギフトも人気があります。また、カップケーキも人気となっています。可愛らしいデザインのカップケーキは女性相手に贈ると大変喜ばれるでしょう。カップケーキは自分で作ることもできますが、クオリティの高いカップケーキを贈りたいといった時は通販サイトを活用すると良いです。

店舗で購入するのと通販サイトでの購入は何が違う?

待たずに購入できる

お中元のシーズンが近づくとデパートやショッピングセンターでは特設会場が設けられて、大勢のお客様でにぎわいます。日時によっては注文を受けてもらうまでにかなりの時間を要しますが、通販サイトならほとんど待たずに注文ができます。

メッセージを添えるのが難しい

本来お中元は手渡しで渡すのがマナーですので、宅配便で渡す場合は直筆のメッセージや手紙を添えるのが好ましいのです。店頭で申込みした場合は商品とともに手紙を添えられますが、通販サイトの場合はそれが難しいので、手紙を添えましょう。

マナーやお中元の相場は事前に確認!作法の礼儀を知ろう

風呂敷

お中元の価格相場

お中元の相場は3000円から5000円だと言われていますが、贈る相手によって金額を変えるケースが多いです。たとえば勤務先の上司や取引先に対しては、高めの金額の品を選んで贈る傾向がみられます。一人暮らしなど家族の人数が少ないお宅に送る場合は、量よりも質を重視して、子供が多いご家庭には家族が楽しめる物を選んで贈ると喜ばれるでしょう。贈る相手が好きな物を選んでもらえるカタログギフトも、近ごろはお中元の品として人気があります。

広告募集中