HOME>コラム>お中元選びで悩んでいる方必見〜マナーも要チェック〜

お中元選びで悩んでいる方必見〜マナーも要チェック〜

風呂敷

お中元の特徴とは

毎年何を贈ろうか迷ってしまうのがお中元です。もともとは中国の祭り事が起源となっており、神にお供え物をして汚れを清める日でありました。主に上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(12月15日)となり「三元」と呼ばれています。その中元が日本に伝わり、明治の後半には現在のスタイルに定着しました。送る時期は地方によって少し違います。関東地方では7月の初めから15日頃までですが、関西より西では8月初め〜15日となります。贈る候補は両親や親戚、会社の上司や取引先となります。特に上司や取引先となればあまり下手なものは贈れません。選ぶときに大切なポイントとしては品質とブランドの良さや実用性が挙げられます。最近では贈られた側が好きな商品を選べるカタログギフトも人気です。

お中元

ルールに沿って品物を選ぼう

お中元の金額の目安としては3000〜5000円が一般的です。特別お世話になった間柄の場合は1万円くらいとなるでしょう。ただし、本来は幾らの物にしないといけないという決まりはありません。相場と少し離れた金額でも問題はありません。お中元は毎年継続して贈る物なので、余りにも奮発すると後々負担がかかります。一般的な範囲内で選ぶことが続けていく上で大事なことです。贈るものを選ぶ際はその人に負担がかかるものでないか配慮する必要があります。例えば一人暮らしの方に使い切るのが難しい大きな洗剤セット、飲めないのにお酒を贈るなどは駄目です。お中元はお世話になった人への感謝の意味で贈る品物です。相手に負担をかけてしまってはお中元の意味がなくなってしまいます。贈る相手の年齢・家族構成・生活スタイルなどはある程度把握することが大事です。ただし、上司や取引先の相手は好みを判断するのが難しい場合があります。ですので、好みが分かれる嗜好品はくれぐれも避けましょう。

広告募集中